つくばエクスプレス沿線 柏の葉キャンパスから北千住の話題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


植物工場①

三井不動産が農業ベンチャーの「みらい」と組み国内最大級の植物工場を柏の葉地域に建設することになりました。

作物の成長を速める発光ダイオード(LED)照明を使う栽培装置を導入し、2014年4月からレタスなどを1日1万株出荷する計画です。

これにより、天候に左右されやすい葉物野菜の安定供給につながることが期待されています。

[三井不動産が国内最大級の植物工場を柏の葉に建設]の続きを読む
スポンサーサイト


小宮山宏氏

一般社団法人 フューチャーデザインセンター(FDC)」が推進する「スマートシティプロジェクト」。
このプロジェクトに新たな展開がありました。

「スマートシティプロジェクト」は低炭素社会を実現した次世代環境都市の実現を目指すプロジェクトで、ここ柏の葉キャンパスを実証実験の地としています。




espot

espot(エスポット)公衆電源サービス」の社会実験が柏の葉キャンパスではじまりました。

「UDCK(柏の葉アーバンデザインセンター)」と「東京電力」が実施する日本初の社会実験で、今日から8月29日まで行われます。

「espot」の語源は「エネルギースポット」。商業施設や公共空間など、外出先である街のいたるところでコンセント(電気)がつかえるサービスで、あたらしいライフスタイルの提案を目的としています。



ケミレスタウン

柏の葉キャンパス駅から徒歩5分のところにある「千葉大学環境健康フィールド科学センター」では産学協同による「ケミレスタウンプロジェクト」が進んでいます。



自転車

柏の葉キャンパスでは「環境・健康・創造・交流の街」を基本コンセプトに、公民学連携のまちづくりをすすめています。

その取り組みの一つとして実証実験が進められているのが柏の葉スマートサイクルです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。