つくばエクスプレス沿線 柏の葉キャンパスから北千住の話題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遊歩道1

パークシティ柏の葉キャンパス二番街の北東に位置する2号調整池。

その周囲を歩くことのできる遊歩道が完成し開放されました。

[パークシティ柏の葉キャンパス二番街 北東 2号調整池の遊歩道]の続きを読む
スポンサーサイト


【2012年9月末】
2012年9月末①2012年9月末②











【2013年9月末】
2013年9月末①2013年9月末②

「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」の南側の様子を1年前と比較してみました。
なかなか進まない開発ですが、少しずつ道路や家が出来上がりつつあります。

しかし、売出し中の近隣商業地にどんな施設が建設されるのか。
開発の全体像はまだ見えてきません。



162街区

「パークシティ柏の葉キャンパス1番街」の南側の土地のいくつかに、ついに”販売予定地”との看板が建ちました。

建てられた土地は全て近隣商業地。

近隣商業地域とは都市計画法で「近隣の住宅地の住民に対する日用品の供給を行うことを主たる内容とする商業その他の業務の利便を増進するため定める地域」と定義されています。




広島建設分譲地

柏の葉キャンパス一番街の南側、つくばエクスプレスの高架沿いの土地にいくつかの旗がはためいています。

大東建託の新しい賃貸マンションの隣に位置するこの土地は、広島建設の分譲予定地です。




ららぽーと太陽光発電

柏の葉では「省エネ」「創エネ」「蓄エネ」の最新技術を導入することに加え、街に住む住民の生活スタイル変化を促し、地域全体で低炭素型の街を作っていくための様々な取組が行われています。

ららぽーと柏の葉」の屋上にあった太陽光発電パネルもいつの間にか数が増え、屋上全体を覆うほどになっていました。





街路樹1

パークシティ柏の葉キャンパス一番街の南側にある道路で街路樹の植込み作業が行われています。

この道は「緑園の道」と位置づけられ、景観形成方針が定められた道です。

「こんぶくろの池」から「市立柏の葉小学校」にかけて緑豊かな街並みが整備されます。


街路樹2

植え込み作業が行われている木々は「ハナミズキ」や「木蓮」だそうです。



IMG_9765_20130209234830.jpg

柏の葉キャンパス駅東口にあるOak Village」横の空き地にマンション建設予定の計画公開板が出ています。

公開板には「Win Win井上マンション」とありますのでこのようなマンションになるものと思われます。

菊池建設Win Winマンション

駅前の一等地だけに普通のマンション建設だともったいない気がしますね。



2020年イメージ

皆様 お久しぶりです。

約2年半ぶりのブログ更新。

柏の葉キャンパスに戻ってきましたので今後ともよろしくお願いします。

さて、柏の葉キャンパス駅前開発はぼちぼち動き出しているようですね。




道路醸成

「千葉大学 環境健康フィールド科学センター」と「大日本印刷」の間にある敷地で進められている道路造成工事が進み、完成後の姿が想像できるほどになりました。

とはいっても、約2年ほどかけて行なう工事ですのでまだまだ先は長いですが。



柏の葉の開発

柏北部中央地区の都市計画の変更案等の再縦覧と公聴会」が開かれます。

ご存知の通り、"柏北部中央地区" とは「柏の葉キャンパス駅」を中心とした地域ですが、その都市計画を縦覧(自由にみれること)できます。

今回は、用途地域の変更をしますが、その都市計画案を作成する上での参考とするため、市民の方々に案の概要を開示し、公聴会を行なって意見を聞くことを行ないます。

縦覧期間は6月1日(火)から15日(火)までの土日を除く8時30分から17時15分となっています。

縦覧場所は、千葉県県土整備部都市計画課(県庁中庁舎7階)および柏市都市計画部都市計画課(柏市役所第1庁舎4階)の2箇所です。

なお、公聴会は6月26日(土)午前10時から柏市中央公民館5階講堂で行なわれます。



東口バスシェルター工事

昨日に引き続き以前お知らせした開発についての現状報告です。

まずは「柏の葉キャンパス駅東口」駅前のバスシェルターについてです。




UDCK建設中

以前お知らせした「柏の葉キャンパス駅東口」の開発についての現状報告です。

まずは「柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)」です。
外壁が立ち上がり徐々にそのすがたがわかるようになりました。




148街区 商業・オフィス棟

「柏の葉キャンパス駅」西口の148街区の開発がついに始まります。

写真は「ららぽーと柏の葉臨時駐車場」に立てられた2枚の看板(開発事業等構想公開板)です。




パークシティ南側の土地

「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」の南側の土地の一角が整地されました。「クレアホームズ柏の葉」に近い方の一角です。




柏の葉キャンパス駅東口 駐車場

「柏の葉キャンパス駅」東口を出て道路の方に向かい、ちょうどロータリーの向こう側にあたる土地が整地され、コンクリートがはられました(写真は逆方向で、その土地から駅の方を見て撮っています)。

以前からここは駐車場になるといううわさはありましたが、なんと本当に「コインパーキング」になってしまうそうです。




パークシティ柏の葉キャンパス一番街の南側の道路

「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」の南側、立ち退きが進んだ地域で新しい道路が完成しました。

今ある道路(写真の左側)の脇に少し回りこむような感じで作られた赤色の道路は、ガードレールまで取り付けられています。

もともとの計画図とは多少異なる感じもしますが、とりあえず道路の完成です。
ちなみにこの道路は5月24日から通れるようになります。

今後このあたりは街路樹に囲まれた「緑園の道」をつくる計画がありますが、まだ用地の取得が済んでいないようなところがちらほらとあるようです。

<関連記事>


道路工事(荒醸成)

「千葉大学 環境健康フィールド科学センター」と「大日本印刷」の間にある敷地で工事が始まりました。

今回の工事は道路建設のための荒造成工事と下水道設置工事で、約2年ほどかけて道路建設を行うとのことです。

今後、「3号調整池」の脇をとおる小道とその先の「柏北部中央駅南連絡線(パークシティ柏の葉キャンパス一番街南側の道路)」とつながる予定で、「柏の葉公園団地」や「柏の葉公園」からの車および歩行者のアクセスが便利になります。

<関連記事>


駐輪場閉鎖「柏の葉キャンパス駅」西口にある148街区での開発がそろそろ始まりそうです。

現在、「柏の葉アーバンデザインセンター(UDCK)」のとなりに設置されている「無料臨時駐輪場」が5月30日で閉鎖されます。
そのおとなりの「ららぽーと柏の葉 臨時屋外駐車場」はまだしばらく使えるそうですがいつ閉鎖になるかは分からないとのことです。

一方、「柏の葉キャンパス駅」東口に移転の決まったUDCKですが、こちらの移転はおそらく夏ごろ。
しかし、はっきりとした時期はまだ未定とのことです。

いずれにせよ、148街区の開発がついに動き出します。

当初計画によるとこのあたりは広場と商業施設ですね。

<関連記事>


調整池柏の葉キャンパス駅」周辺にはいくつかの池が作られています。
これは「調整池」というもので柏北部中央地区 土地利用計画図を見ると、1号から5号までのの5つの「調整池」建設が予定されています。

この「調整池」は大量の雨による急激な雨水の流出を調整するもので、街の浸水や冠水を避けることと、下流河川への雨水の急激な流出を避けるといった目的があります。
そして、ある一定規模以上の開発には調整池の設置が必要になります。

ここ「柏の葉キャンパス駅」周辺も、開発前は降った雨は地下に浸透し、表流水(地表を流れる水)は抑制されていましたが、開発によってコンクリートなどに覆われるにしたがって雨水が地下に浸透しない地域が増大し、短時間に多量の表流水が街や河川に流入することが増えてきています。



駅前公園

「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」のマンションパビリオンには「柏の葉キャンパス駅」周辺の開発計画の今後が分かるジオラマが展示されています。
このジオラマを見ると、「柏の葉キャンパス駅前」開発計画に少し変更があったように思われます。



東口バス停

「柏の葉キャンパス駅」東口駅前のバス停にシェルターを設置する工事が始まります。
西口にはすでにシェルターができていましたが、東口は未整備で雨の日にバスを待つのは大変でした。

東口ロータリーを囲むようにバス停がありますが、工事は5月中旬から9月末にかけて3つの工区に分けて行われ行われます。

なお、柏の葉キャンパス駅東口からは3つの路線のバスが運行しています。
  • 柏駅西口(松ヶ崎経由)行き
  • 東急柏ビレジ行き
  • ライフタウン循環(北柏ライフタウン経由)



小学校予定地

「柏北部中央地区小学校」の建設が当初計画どおり行われることが決まりました。

「柏北部中央地区小学校」は「柏の葉キャンパス駅」南方800mの位置に建設する計画が進められていました。しかし、平成20年12月に行われた建設予定地の土壌分析で、ダイオキシン類と鉛の土壌汚染が確認され、計画の実行が遅れていました。



三井ホーム

「柏の葉キャンパス駅」東口ロータリー側で、なにやら開発が始まりそうだった2箇所の土地のうち、線路沿いの駐輪場わきの土地に動きがありました。

今日、会社帰りにのぞいて見たら青色のフェンスができていました。



街の統一性

柏の葉キャンパス駅前開発の魅力の一つは "街としての統一感" です。

これは「柏市都市計画課」が作成した「柏の葉キャンパス駅周辺景観重点地区 景観形成基準」に従い、街の開発が進められているためです。



PCK南側開発

「パークシティ柏の葉キャンパス 一番街」の南側に広がる土地の整備がすすんでいます。

すぐ南側の商業地(三井不動産が一部保有)は相変わらずなんの進展もありませんが、その先の一般住宅地は区画整備がすすみ、少しずつ立ち退きがすすんでいます。



ツインタワー盛り土「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」の南側「柏の葉キャンパス148街区」に建設予定の「ツインタワー」建設予定地に盛土がされました。平成20年10月初旬着工、23年7月末日完了予定だった地上37階建てのマンションですが、計画からはかなりおくれています。

「柏の葉キャンパス駅前開発3」で紹介した事業計画のイメージ図では2棟のマンションがそびえていますが、盛土がされたのは左側の建設予定地です。

「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」の概要も発表され4月下旬から販売開始ですので、そろそろ「ツインタワー」建設も動きだすのでしょうか?


<関連記事>


ららぽーと柏の葉

最近の「ららぽーと柏の葉」は小さいお子さんをつれたお客さんが増えた感じがします。

「アカチャンホンポ」をはじめ子供向けのお店が充実したことに加え、子供たちがよろこぶようなイベントが多いからでしょう。そのせいか土日はけっこう混みあっています。

約2年半前に発表された柏の葉キャンパス駅前147街区及び148街区の事業計画では駅前の道をはさんだ反対側に渡りろうかでつながれた「ららぽーと2」らしき建物のイメージ図がありました。

計画からおくれてはいるものの早く実現することをのぞむばかりです。

<関連記事>


PCK2

パークシティ柏の葉キャンパス二番街」の概要が発表されました。共有部分の充実が特徴的です。

「セオリー土地のグランプリ2010」では柏の葉駅前の「若柴」が千葉県内の格付けで6位にランキングされ、「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」等の開発にふれ「今後の発展が期待できる」とあります。

また、つくばエクスプレス沿線では流山おおたかの森駅前の「市野谷」が9位となっています。

ちなみに千葉県内のベストマンションのランキングでは「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」が4位、「フォレストレジデンス」が6位となっています。

<PR 関連図書>


関連記事はカテゴリー 1.柏の葉の開発 をご覧ください。



PCK南東2

「パークシティ柏の葉キャンパス一番街(写真)」の竣工以来、開発が遅れ気味だった柏の葉キャンパス駅前。最近、やっと開発の勢いが増してきた感じがします。

「公民学連携による国際学術研究都市・次世代環境都市」を理念に掲げるこの街の今後の開発に期待大です!

今春に「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」の販売を始める三井不動産。

柏の葉開発のメインプレーヤーである三井不動産のHPでその力の入れようがわかります。

関連記事はカテゴリ 1.柏の葉の開発 をご覧ください。


賃貸住宅を探すなら
アパマンショップでお部屋探し



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。