つくばエクスプレス沿線 柏の葉キャンパスから北千住の話題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


事業仕分

「流山おおたかの森駅」周辺の開発を行っている「独立行政法人 都市再生機構(UR都市機構)」が、行政刷新会議の行う事業仕分けにより、"事業規模縮減" という評価結果を受けました。

UR都市機構は「流山おおたかの森駅」を中心とした約285.8haの土地に、計画人口約28,600人の街を作る計画で、開発を進めています。

駅前には「おおたかの森ショッピングセンター」や学校、医療施設などを配し、千葉県内初の駅前保育ステーション(保育所・送迎保育ステーション・子育て支援センター)を「ライフガーデン流山おおたかの森」内に開設するなど住みやすい街づくりが進められています。

また、「安心・安全」を街全体のテーマとして防犯、子育て支援などの取組みを進めており、防犯に配慮した街づくりとして、平成20年に「安全・安心なまちづくり関係功労者 内閣総理大臣表彰」を受賞しています。

事業期間は平成12年~平成31年の予定ですが、今回の仕分け結果の影響で事業規模が縮小されてしまわないかが心配です。
このほかにも「つくばエクスプレス」沿線の駅前開発には「UR都市機構」が多く関わっています。
最近やっと勢いが出てきたTX沿線の開発ですが、今回の件での影響が出ないことを祈ります。

  • 八潮駅(八潮南部中央):計画人口7,500人
  • 三郷中央駅(三郷中央):計画人口12,900人
  • 流山おおたかの森駅(流山おおたかの森):計画人口28,600人
  • 柏たなか駅(柏北部東):計画人口17,000人
  • みどりの駅(つくばみどりの里):計画人口21,000人
  • 研究学園駅(研究学園 葛城):計画人口25,000人
  • つくば駅(中根・金田台):計画人口8,000人

<関連記事>



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://imo520.blog129.fc2.com/tb.php/105-5784ecc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。