つくばエクスプレス沿線 柏の葉キャンパスから北千住の話題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夜道

ダイエットのため会社帰りなどに一駅だけ歩く人たちのことを「一駅族」というそうです。

コレステロール値、尿酸値、脂肪値などあらゆる面で基準値オーバーな私も「一駅族」の仲間入りが必要。健康維持、ダイエットのためには毎日のウォーキングなどの習慣づけが大切です。

そこで会社帰りに「流山おおたかの森駅」から「柏の葉キャンパス駅」まで1駅歩くことにしました。

定期券があるのでこのウォーキングを習慣にするのがもっとも手軽なダイエットになります。

しかし実際に歩いてみると、その道のりは長く、暗く、そしてとても怖~いものでした。

「TXグランドアベニューおおたかの森」を抜けるとつくばエクスプレス高架下の道に出ます。

そこから柏の葉キャンパス方面へひたすら高架下の道を歩いていきます。

その道はまっすぐで新しい道なのですが、何しろ暗い。そして人がいない!

街灯ではなく壁につけられた蛍光灯が道を照らしますが、ぼやぁ~としたその光はとにかく暗いのです。

左手はひたすら続く高架下の金網、右手にはお寺、学校と続いていきます。

ライトが明るければさほど気にならないのでしょうが、暗くて、人があまり通らない夜の道はいらぬ想像をかき立てます。

その先にある交差点のあたりから高架は右手になり、車が通る道の歩道を歩きます。

この道はけっこう車どおりがあって、少しほっとした気分になりますが、道が暗いのはあまり変わりません。

ところどころに街灯がありますが、街灯の間隔が広すぎるのです。

突然暗やみから「かっかっかっ」と近づいてくる足音に、びくっとして振り向くと、ジョギングするおじさんだったりします。

坂道をあがっていくと、遠くに「柏の葉キャンパス一番街」が見えてきます。

「まだまだか~」という気持ちを抑えながらひたすら歩きます。

歩きながら、考えてみれば当たり前のことが分かってきました。

一つ目は、つくばエクスプレスは新しくできた路線。

新たに駅を作ったわけですから駅前の開発は多少進んでも、駅と駅の間はまだまだ寂しいということ。

二つ目は、つくばエクスプレスは最高で130km/h、通常で125km/hという高速を売りにしている電車。

ということは駅と駅の間が非常に遠いということ。

こんなことを考えながら、柏の葉キャンパス駅にたどり着いたころには45分が経過していました。

ウォーキング時間としてはちょうど良いのかもしれませんが、仕事帰りの一駅としては正直ちょっと遠いです。

暗い夜道を一人で歩く不安と恐怖でかなり心拍数が上がるので、想像以上のダイエット効果があるかも知れませんが。

いずれにせよ、もっともっと開発が進み、安心して「一駅族」になれる日がくることを期待するばかりです。

今日はほんとに疲れました。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://imo520.blog129.fc2.com/tb.php/51-7dc77944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。