つくばエクスプレス沿線 柏の葉キャンパスから北千住の話題を中心に。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


街の統一性

柏の葉キャンパス駅前開発の魅力の一つは "街としての統一感" です。

これは「柏市都市計画課」が作成した「柏の葉キャンパス駅周辺景観重点地区 景観形成基準」に従い、街の開発が進められているためです。

この基準では、敷地利用の基準や建物や広告の色や形状についての基準などが細かく定められています。

すでに建設されている「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」「辻中病院」「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」などを見れば一目瞭然ですが、街全体としての統一された雰囲気となっています。

写真は「辻中病院」側から、建設中の「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」を写したものですが、道をはさんで両側に同じオブジェを配してつながりを演出しています。

また、147街区の「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」と148街区に建設計画のあるツインタワーは、道をはさんで対称的につくられた同じパターンの植栽でつながる予定です。

さらに「三井不動産」が多くの土地を開発することで、街の統一感はいっそう保たれます。

「パークシティ柏の葉キャンパス一番街」のデザインを担当した「建築家 光井純氏」が147街区の「パークシティ柏の葉キャンパス二番街」と148街区のツインタワーのデザインを担当します。

まだまだ、開発途上でつぎはぎの状態な柏の葉キャンパス駅前の開発ですが、数年後にはそれぞれがつながり、統一感のある美しい街並みとなるはずです。

それがこの街のブランドイメージを高めることになるでしょう。楽しみですね。


<関連記事>




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://imo520.blog129.fc2.com/tb.php/71-6e210740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。